はじめまして~設計で大切にしていること

こんにちは、木の家 設計家の 釜内です。

初めての投稿ですから、私が「木の家設計家」として、「どんな技術でお役にたてるのか」をお伝えしたいと思います。

設計過程で心がけているのは、インフォームド‐チョイス。

建築士という技術者資格を持っていますから、物事を客観的に判断するための資料をでき得る限り用意し、皆さんに決めていただく時にお手伝いをすることがプロの責任だと考えています。

私たちは 当たり前に住宅であっても 構造のチェックをしますし法律でも定められています。

安心な構造の住まいに住むことは、日々の暮らしの快適性に少なからず影響があるでしょう。

それ以外に私たちの日々の生活で、快適性にかかわることってなにがあるでしょう?

実は2020年には、「住宅の省エネ化」が義務化されます。

やがては ゼロエネ住宅化も義務化へと向かうことでしょう。

省エネは、日々の暮らしで家計として現れてきます。

ですが、この法律は「省エネ」が目的ですから、皆さんの暮らしの快適性のことは考慮されていません。

なのに、窓の大きさやガラスの種類、断熱材、エアコンの種類 さまざまなことが決められるのです。

そのことと皆さんの暮らしの快適性の関係について提案してくれるビルダーは残念ながら限りなく少なそうです。

前置きが長くなりましたが、私は、暮らしの快適性のなかでもとりわけ影響が大きい

「温熱環境を定量的」に提案することで、皆さんの新しい暮らしの場を提案できるかと思います。

定量的根拠がなければ、住まい手の方に チョイス していただくことはできません。

 

省エネ法に従って住まいを建てるだけでは

何の快適性も満たされない・・・

そんなことを、次回には具体的に、お伝えしたいと思います。

※写真の家は 「焼杉を外壁に使った家」です。

焼き杉の家外観 焼き杉の家

このページのトップへ